作品紹介 俳句

令和6年 獅子吼 2月号より

今月の句

鴬の蹴(け)立(たて)によるか梅の雪     支考


主宰句(道統の句) 大野鵠士

それぞれの星

方寸に洞穴ありて冬に入る

ゆるキャラの短き手足小六月

三島忌や遠きに強く星光り

身の内と思へり木の葉髪さへも

凩や押さるる雲と押す雲と

ネオン暗き田舎の銀座片時雨

漱石忌人それぞれの星を持つ

人といふ杖もありけり十二月

黄といふは忍耐の色石蕗日和

耐ふることさして苦とせず花八手

淋しさの極みを咲けよ冬さうび

羊水に浸かるが如き柚子湯かな

クリスマスソングパスタのソース跳ね

菓子配るわが名はサンタクロースよ

数へ日の夜の底なる子守唄

麦飯にとろろをかけて年詰まる 

伊吹燦燦(幹事同人代表句)

ルビコン河渡り冬将軍どこへ    瀬尾 千草

腰痛はヒトの業病冬銀河      各務 恵紅

つれづれの夕べ一人のきりたんぽ  宮本 光野

衣被つるりと夜の帳かな      後藤 朱乃

爪先より始まるものに枯野かな   塚本 六可

次の世はブラックホール神の留守  小石 正兄

兼題に手も足も出ず少林忌     藤塚 旦子

妻でなく祖母である時木の実降る  面手 美音


鵜舟照覧(維持同人代表句)

不可思議なものの一つよ仏手柑   武藤 真弦

夕時雨横たはる身の重きこと    柳  蘭子

まつさらな明日てふ白紙色鳥来   村上 三枝

露の世と思へど今日の薬飲む    彦坂こやけ

星一つ冬暁のわれ一人       亀山 健人

この星の怒りの色か七竈      岡﨑 裕乃

老年はいつから銀杏黄葉散る    柴田 恭雨

木の葉髪忘るる事も処世なり    五島 青沙

初鵙の同じ梢にあちら向き     谷口 樵歩

店先に天下布武なり富有柿     海老名登水

そぞろ寒AIの世にそつぽ向く   髙橋よし子

六十八連隊跡の返り花       島  亜蘭


踏青抄(一般会員代表句)

凍星の大きく刺さる夜の海     河田 容子

襖絵に垂るる薄墨春星忌      谷 ふみ香

冬林檎皮むき終へるまでの黙    碧  理子

身に入むや昭和歌謡の調べさへ   杉山 玲香

恩師逝く今は波郷と柿談義     森  美翠

行く秋や日の入る方に伊吹山    衣斐佐和子

一瞬の風に社の銀杏散る      太田 千陽

月の弓放たれし矢は戻らざる    鈴木 朋子


一つ葉集(同人・一般会員の枠無し)代表句

(選者 片桐 栄子)


錆しるきシャッター街やクリスマス    工藤    美佐子

顔の螺子二三外るる嚔かな                      塚本    六可

もう誰も止める術なし銀杏散る             面手   美音

冬帽を取りて手櫛の手際かな          奥山 ゆい

歩きては止まる老犬年の暮              服部    華宵

参道の灯となりて実南天                          溝野    智寿子

冬うらら五人寄りても読めぬ句碑        松川    正樹


(選者詠)
山峡の闇の底打つ冬至かな      栄子

東花賞

 東花賞(とうか)は、獅子門の結社賞で、年に1回、20句一組で募集し、審査は道統と獅子門内部の審査員および外部審査員1名により行われます。
 通常は、10月中旬頃に応募締切、審査を経て翌年の獅子吼1月号で結果が発表されます。大賞、佳作、奨励賞が設けられています(該当なしの場合もあります)。

第20回東花賞受賞作品(令和5年)

「菩薩の手」 面手 美音

春禽のまぶしき声に力あり

げんげ田を旅立つ風の唐衣

春祭法被の似合ふ印度人

堅香子の花の韋駄天走りかな

肺炎にかかりゆく月霾晦

超高層ビルの谷底まで薄暑

触角で天突きに行け蝸牛

来年も泳ぐと決意水着買ふ

雹叩く天帝の憂さ晴るるまで

犬抱きて菅貫潜る少女かな

青林檎歯は母からの永久の愛

街路樹へ風の巻き込むの花

伝へ反り決まり騒めく大相撲

コスモスの闇照らしたる救急車

稲架掛や母の稲束父へ飛ぶ

帯緩く月影渡る雁の声

頭皮掻く二B鉛筆小六月

思ほえず届く吉報夕笹子

日脚伸ぶ豚カツ二枚揚ぐる程

風花を遊ばせてゐる菩薩の手 


佳作

「山の霧」三輪 洋路

数の子を噛んですこやか茶寿の母

歩行器に慣れたる母の春ショール

クローバーに倖せといふ風すこし

鉄塔の四肢踏んばつて山笑ふ

妻がゐて母ゐて朝の山椒味噌

さへづりや大樹の陰のベビーカー

耳遠き母が物言ふ目借り時

若竹や少年の声太くなる

梅雨出水岸に薩摩の義士の声

父の忌や母の介護の土用灸

山の水引く水槽のトマトかな

億万の星のしづくや岩かがみ

動くものなき炎天にバスを待つ

山の霧湧き立つ生きてゐる如し

露草や父の遺せる鍬のさび

墓洗ふ長子に山河変はらざる

いつまでも母の記憶に震災忌

清流の足裏に触るる川をこぜ

どの家も山を背負ひて秋茄子

蜂の仔を食うて八十路の力瘤


第19回東花賞受賞作品 (令和4年)

「 ユングフラウの月 」 瀬尾 千草

食卓は時に文机アイスティー

一つこと語る老鴬稲葉山

草いきれ草には草の野心あり

首垂れてをり戦場の向日葵は

ひとりぼつちのヨット北極星の下

大文字の緋色点々夢の中

方形の織部の鉢よ新豆腐

糸萩や翁の筆のしの長く

オカリナは大地の声よ空澄めり

AIも俳句するなりばつたんこ

帯締は白で決まりや星の恋

いざよふ月わが方寸に適ひけり

コンサート中止の知らせ野分だつ

車庫入れのバックゆるゆる蛇穴に

サモトラケのニケの翼や秋の海

小牡鹿のじつと見つむる少女かな

ドローンを飛び立たせけり大花野

獺祭忌その人の名は律といふ

老いにけりユングフラウの月も見で

茅葺の厚み頼もし竹の春


佳作

「寒昴」 柴田 恭雨

春コート二時に和光の前で逢ふ

都踊月は明るく出でにけり

幻聴の琵琶の音竹生島の春

祁門茶淹れて聖金曜日の夜

名物は餅ばかりなり伊勢参

母ありし日の春灯を懐かしむ

めでた唄出て高山の春の宴

宵の春日本橋から銀座まで

聖ルカの像へ五月の雨止まず

ソーダ水ステンドグラスさながらに
生死一如盆の月に照らさるる

もう鳴かぬ鈴虫を今放ちたり

黄落のミナミの街の灯りかな

小六月オカメインコと二人きり

下呂上呂小坂久々野を夕時雨

南北の御堂に冬木続きをり

草鞋酒勧められけり飛騨に雪

人は皆破戒僧やも薬喰

たつた一度きりのこの世か寒昴

冬枯れの野にも光は降り注ぐ


第18回東花賞受賞作品 (令和3年)

※令和3年は、大賞が2作品選出されました。

「紅に情熱」 村上 三枝
白靴のスパンコールや昼の星

肩口に黒き揚羽よ父のこと

叱られて夕立風のなすままに

青時雨木目濃き古刹の廂

紫陽花の紅に情熱ありぬべし

巴里祭泡弾けたるロゼワイン

星今宵対岸の灯と波音と

休日の父の胡座や十三夜

星月夜青きインクの飛び散るや

吊るし柿思ひ出ひとつづつ消して

千枚の棚田千匹赤蜻蛉

みはるかす課外授業の海や冬

冬ざれや石積み古墳かもしれぬ

追憶の糸手繰り寄せ枯木立

いづくにも逃げ場なき夜の虎落笛

隠したき思ひはあれど地虫出づ

藤の花水面に影を揺らめかす

真夜中の花弁散る音に目覚めけり

陽炎に解けゆく街はさくら色

この玻璃は春の光のための玻璃


「骨壺」 各務 恵紅

一切は空へと言へども春の空

春泥や象の足裏は真平

朝露の匂ひ飛ばして半仙戯

春雨に濡れたる傘の置き所

許さるる面会五分花の窓

白鷺の魚飲む喉の動きけり

腹這ひて蟻の秘密を聞き出さむ

遺影持つ背中に迫る蝉時雨

仏桑華かの世へひと日近づけり

戸籍には南冥の地や敗戦忌

秋暑し捺印多き契約書

山の気を孕み霧立つ木曽の谷

骨壺や三日月抱く星一つ

読み直す母のメモ書虫の夜

朴散りて空はますます遠くなる

裏表あるやマスクに言の葉に

あの日より捲られぬまま古暦

霊峰に落つる星々虎落笛

寒椿闇に溶けざる色に咲く

新刊書幾冊も手に春隣


無料でホームページを作成しよう! このサイトはWebnodeで作成されました。 あなたも無料で自分で作成してみませんか? さあ、はじめよう