過去の作品 俳句

令和5年 獅子吼 12月号より

今月の句

茶の花や是も玄旨の植残し 支考


主宰句(道統の句) 大野鵠士

帰りなむ

不尽てふ不二てふ富士の初雪よ

階の右も左も萩の花

玫瑰 の実よ立待は岬の名

約束を一つ違ふる木賊かな

人を待つ後ろ姿か秋袷

小買物終へ仰ぎたる小望月

仲麻呂の後生を思ふ月今宵

十六夜やわれに放浪癖少し

立待の月ははなから雲隠れ

居待月星一つある二時の位置

雨音を衾としたり寝待月

而して更待月を待たで寝る

南溟に便り届けよ秋燕

妖精に逢ひさうな森美術展

純白の皿に石榴よ午後三時

人の目の及ばぬ所紫苑咲く

せせらぎの如木犀の香の流れ

秋愁ひ杖が似合ふと言はれても

石積みは出島の名残曼珠沙華

曼珠沙華前も後ろもなかりけり

火の色に水を縁取る彼岸花

毒杯の形に似たり曼珠沙華

白毫の放てる露の光かな

帰りなむ上弦の月青き間に

令和6年 獅子吼 1月号より

今月の句

正月の月夜はうれし見はせねど 支考


主宰句(道統の句) 大野鵠士

福禄寿

白帝の好む色らし空の青

秋 月

眼鏡橋眼の奥へ秋の風

草の花忘るることも幸ひか

鬼の子は風に煽られ揺れ止まず

潮の香が地に降ることよ鰯雲

後の月織部の碗の縁の欠け

朝寒や固く感じる靴の音

形なき風の柩よ白秋忌

地下街を出づれば釣瓶落しかな

月光に濡れ赤坂も青墓も

千金の満天星紅葉福禄寿

山中の湯浴みはせねど菊日和

瓜坊の今日はいづこに遊びたる

ブラインド秋の日差しを梳る

風雲のおどろと動く暮の秋

行く秋や常より高き伊吹山 

「獅子吼」令和5年12月号より

伊吹燦燦(幹事同人代表句)

冬瓜の不貞寝の蔓を引き寄せる 後藤 朱乃

秋風や駅に小さなランプ小屋 宮本 光野

たゆたへる海猫は気丈夫かもしれぬ 小栗 知柚

きちきちの草より跳んで草の色 奥山 ゆい

雨音の疎らに夜長始まりぬ 片桐 栄子

名月や何か食はねば息せねば 沖津 秀美

風が風連れ去つてゆく花野かな 面手 美音

彼岸花だけ知つてをり秋来るを 安藤 美保

冬瓜の仏頂面に手を出せず 各務 恵紅

機械のごと蚯蚓前進伸び縮み     澤井 国造 

鵜舟照覧(維持同人代表句)

掌の豆腐賽の目秋の暮 内藤 千壽子

蚯蚓鳴く湯あみの音も暫し消ゆ 柳 蘭子

木犀の香の滑りゆく水の上 柴田 恭雨

ゑのころの風がなければ眠りをり 矢野 鞆女

雲の峰より木曽川の流れ出づ   宮川 美和子

葡萄棚潜れば高き駒ヶ岳 松川 正樹

姓を島名を亜蘭とや秋に入る 島 亜蘭

稲光夫の横顔彫塑めく 彦坂こやけ

きちきちの眼遠くを見つめをり 大竹 花永 

踏青抄(一般会員代表句)

呑気とは惚けかも知れず敬老日 髙木 節子

竹描きし硯を今日は洗ひけり 谷 ふみ香

秋となる諦めきたる旅いくつ 衣斐 佐和子

山道の土嚢蹴散らし猪遊ぶ 西尾 えり子

無花果の頽廃的に熟したり 杉山 玲香

種の無き葡萄に問うてみたきこと 鈴木 朋子

国貞の虫売の絵や秋に入る 草訳 平

古りし日の駅や桃売る娘ゐて 安藤 泰江

黒織部に白く四角く新豆腐 三島 乙葉

事も無くおしろいの香の日暮れかな 森 美翠  

一つ葉集(同人・一般会員の枠無し)代表句

(選者 片桐 栄子)


雁渡し空深く斬る大庇 塚本 六可

露草に来て湿りたる蝶の翅 面手 美音

一服を運ぶ衣擦れ野紺菊 日乃 藤雨子

時期遅れ詫びつつ大根蒔きにけり 谷口 樵歩

鈍色に暮れ残りたる葛の露 工藤 美佐子

爽やかや男結びの竹の垣 草訳 平


(選者詠)
流木の転がる岸や秋の声 栄子

「獅子吼」令和6年1月号より

伊吹燦燦(幹事同人代表句)

秋袷樟脳匂ふ銀座線         宮本 光野

天へ向く蕊はセンサー曼珠沙華    面手 美音

山栗の山の吐息のやうに落つ     各務 恵紅

肩肘を張り来たる身や炉火恋し    藤塚 旦子

秋の蚊の煩はしくもいとほしく    石坂水帆子

零余子採るポケットに陽の温み溜め  小林 節子

座敷掃く箒の音や西鶴忌       瀬尾 千草

無花果の木の低きこそ親しけれ    奥山 ゆい

鵜舟照覧(維持同人代表句)

月今宵月に見られて月を見る        内藤千壽子

望月や牛舎一棟棒のごと         大成 空阿

小鳥来る空どこまでも水色に       彦坂こやけ

満潮の波打ち釣瓶落しかな        武山 瑠子

眠らぬがよし眠れざる長き夜は      柴田 恭雨

蓑虫の淋しくなれば顔を出す       武藤 真弦

石より顔出し蟋蟀は様子見る       渡邉 義弘

老年はただ一度だけ小望月        亀山 健人

一掬の水の手触り秋めける        岡﨑 裕乃

戦争と熊の事のみ行く秋ぞ        可知喜代子

月の兎地球を憂ひ踞る          宮川美和子

踏青抄(一般会員代表句)

秋風や缶の転がる三丁目         高木 杜蒼

神託の聞こえて来たり風の色       衣斐佐和子

二人足して一となりける秋の暮      草訳  平

ぽぽぽぽと羊の群れる秋の空       三島 乙葉

秋冷や大仏の肩豊かなる         石原かめ代

一幕の一人芝居や月今宵         鈴木 朋子

茸狩そろりそろりと急斜面        杉山 玲香

星に問ふ月の横顔いかならむ       松嶋 粋白

雁渡る渡れぬ雁も世にあらむ       安藤 泰江

溌剌とジムは盛況敬老日         日榮 一子

一つ葉集(同人・一般会員の枠無し)代表句

(選者 片桐 栄子)

異人坂夜露に光る石畳                                  柴田 恭雨

西に日矢東にすくと冬の虹                         各務 恵紅

空見つめ並ぶ鮃は左向き                             日乃 藤雨子

水の音日毎に変へて冬の川                  藤井 大和

一筋の此の道木の実ころころと               津田 公仁枝

神還る風飄々と石切場                                 矢橋 初美

神の旅まさか夏日にならうとは               村上 三枝

(選者詠)

寒き顔拾ひて行けり路線バス    栄子

無料でホームページを作成しよう! このサイトはWebnodeで作成されました。 あなたも無料で自分で作成してみませんか? さあ、はじめよう